Sponsored Links
 
センター試験

センター試験の英語の長文の解き方~Part2~

目安時間 4分
  • コピーしました

センター試験の英語の長文の解き方~Part1~で長文問題の解き方を紹介しましたが、大問4~大問6については共通点の部分だけ紹介しました。

それだけでも対応はできるのですが、大問4~大問6にはそれぞれ特徴的な問題があります。
そうなると、その特徴的な問題の対応が知りたいと思いますよね。

そこで大問4~大問6にある、それぞれの特徴的な問題の対策を紹介します。
(2014年度までの問題を参考にしています)

 
Sponsored Links



 

大問4


大問4では大きく分けて2つの問題になります。
前半の問題はグラフ問題があり、後半の問題は読み取り問題になります。

グラフ問題は必ずと言っていいほど、グラフに対応するものは何かと問われます。
この部分を間違えてしまうと、他の問題にも影響する場合があるので、間違わないようにする必要があります。

グラフに対応するもの探す場合は、その部分だけ探すような読み方をしないで、最初から長文を読んでいったほうがいいです。

探すような読み方をする場合、ごちゃ混ぜになってしまい、よくわからなくなってしまうことがあります。

それよりも全体像をつかみながら読んでいったほうが、グラフに対応しているものが探しやすいです。

最初から読んでいったほうが、どの部分がグラフに関することなのかわかりやすいので、グラフ問題が苦手だという人は長文を最初から読んでみるというのをやってみてください。

後半の読み取り問題は情報を素早く処理する必要がありますが、特に注意する必要があるのは数字です。

読み取り問題にある数字をそのまま選択肢に入っている場合は注意したほうがいいです。

受験者を惑わせるために入れていますし、多くの場合、簡単な計算などをして答えを導くパターンが多いです。

大問5


大問5には1つイラスト問題があります。
そのイラスト問題ですが、長文を読みながら解いていったほうが手っ取り早いです。

イラスト問題は具体的な情報が多いので、イラストと見比べやすく、当てはまらないものは選択肢から削除していけばいいです。

大問6


大問6では最後の問題がポイントとなります。

全体的な内容を問う問題の場合は、共通点の部分で紹介した方法なら、難なく対応できるはずです。

最初から長文を読んでいる場合は、選択肢にある答えの部分は長文のどこにあるのかすぐにチェックすることが可能です。

それと、2014年度で出題されたパターンですが、重要なところは各パラグラフの最初と最後の英文です。

最初の英文では、そのパラグラフのキーポイントなる内容になっている場合が多いですし、最後の英文はそのパラグラフの結論になっていることが多いです。






PS
こんな英語教材が発売しています。
興味があったら、見てください。

センター模試で福笑い!一日2時間マニュアルを読むだけで最短、最速で、あなたのセンター英語長文を9割以上に引っ張り上げる「大学受験LSAT式英語長文問題速解法 センター脳インストール編」

Sponsored Links





  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント