英語 単語帳 おすすめ

お役立ち英語情報

英語の勉強法や英単語の意味など英語初心者にわかりやすく紹介します

 
Sponsored Links
 

英語の単語帳でおすすめはこの3冊!

読了までの目安時間:約 5分

英語を理解するには
単語力は必要不可欠です。

英単語を覚えるには、
いくつか方法がありますが、
1番手っ取り早いのは
単語帳を使うことです。

単語帳はたくさんある単語の中から
英語学習者に合わせたものを
抜粋してまとめたものですから、
効率良く覚えていけます。

現在、
販売されている多くの単語帳は、
一昔前とは違い、
それなりにまとまっていますので、
どの単語帳を使っても
単語を覚えることができます。

けど、どうせ単語帳を使うなら、
良さそうな単語帳を
使いたいと思いますよね。

そこで、おすすめの単語帳を
紹介したいと思います。

もちろん、
人によって合う合わないは
あると思いますので、
購入する際は、
本屋などで立ち読みして
チェックしてください。

 
Sponsored Links
 

中学英単語formula 1400


「中学英単語formula 1400」は
単語帳の名前の通り、
中学で覚える単語を
中心に収録されています。

中学で覚える単語は
基本中の基本なので、
英語をゼロから勉強をする人向け
になります。

特徴としては単語ごとに
絵がついていて、
頭の中に残りやすく、
レイアウトも見やすく
構成されています。

それにCD付きですので、
目だけでなく耳からも
単語を覚えることができます。

1つの単語に意味が
1つしか載っていないのですが、
英語をゼロから
勉強をする人にとっては、
まずは数をこなしていくことが
重要ですし、
複数の意味を覚えるのは
後からでも十分です。

基本中の基本から始めるには
ちょうど良い分量ですし、
この単語帳を終えてから
次の単語帳へと
取り掛かるには足がかりに
なるはずです。

それにCD付きで
約1,300円というのは、
かなり安く、
手に取りやすいと思います。

DUO 3.0


単語帳と言えばこれというくらい
人気のある単語帳です。

事実、Amazonや楽天市場で
常に売上ランキング上位に
ランクインしています。

売れているからとか
人気があるからと買うという人が
いるかもしれませんが、
実際のところ、
その中身も優れています。

収録されているのは
標準的な単語が中心で、
これ1冊で標準的な単語は
ほぼカバーできます。

基礎レベルの単語を覚え終えた後に
やり始めるのがちょうどいいです。

特徴は、
1つの例文に
複数の単語が入っていて、
1つの例文が理解できれば、
自然と複数の単語がわかるので、
効率よく単語が覚えられます。

特質上、
1つの例文に
複数の単語を入れているため、
ちょっと無理があるような例文も
ありますが、
あくまでも単語を覚えるためと
思って覚えたほうがいいです。

それと、標準的な単語は
ほぼカバーされてはいますが、
大学受験や英検などの資格に使うには
少し効率が悪くなりますので、
そのジャンルに特化した
単語帳を使ったほうがいいです。

そういう目的はなく、
標準的な単語を
覚えていきたいという人には、
この1冊をやっていけば大丈夫です。

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁


単語帳の名前が堅苦しく、
東大と入っているのですが、
収録されている単語のレベルは
標準的なものになります。

この単語帳の特徴は、
これでもかというくらい
非常に詳しく解説がある
というところです。

単語の意味、
細かいニュアンスや使い方、
イラストなどがありますので、
1つの単語について理解が深まって
覚えることができます。

非常に詳しく解説されているため
分量が多くなっていて、
単語帳にしてはページ数が多く、
大きさもあるので
持ち運びには不便です。

それでも単語帳としては
非常に完成度が高く、
読み物としても
読んでも面白いと思います。

東大という名前が入っているので、
それで躊躇して買わないという人が
いそうな気がするので、
東大を入れないで売った方が
もっと売れるような気がしますけどね。






Amazon
中学英単語formula 1400の購入はこちらから

DUO 3.0の購入はこちらから

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁の購入はこちらから

楽天市場
中学英単語formula 1400の購入はこちらから

DUO 3.0の購入はこちらから

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁の購入はこちらから

 
Sponsored Links
 
 
 

 

参考書・問題集   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る