be about to do 意味

お役立ち英語情報

英語の勉強法や英単語の意味など英語初心者にわかりやすく紹介します

 
Sponsored Links
 

be about to doの意味は?aboutはどういうニュアンス?

読了までの目安時間:約 4分

「be about to do?
aboutの後は名詞じゃないの?」

be about to doにある
aboutを「~について」だけだと
思っていたら、
このイディオムの意味はわかりません。

be about to doは
aboutのニュアンスを
きちんと理解していることで
意味がわかるのです。

そこで、今回は
be about to doの意味を紹介します。

 
aboutには「およそ、約」
という意味もあるのも知っているわよ。

「~について」だけだと
思っていたら大間違いだわ!


 
別にアイのことを
言っているわけでは・・・。


 
きっと読んでいる人みんな、
そう思っているわ!


 
Sponsored Links
 


まさに~しようとしている


be about to doの意味は
まさに~しようとしているです。

英英では

to be going to do something
very soon

になります。

すぐに何かをしようとする
というニュアンスです。

very soonがあるので
直近の未来のことを表しています。

aboutの基本的な意味は
「漠然とした周囲」です。

ここでのaboutは
「周囲」のニュアンスが強く出ていて
時間という周囲になっています。

周囲は近くのものを言いますから
時間で近くのものというと
直近の未来になりますよね。

 
aboutについて
そこまで考えたことがなかったわ。

英英にvery soonってあるから
直近の未来でしか
使えなさそうだけど。


 
普通に未来のことを言いたいのなら
be going toやbe doing
でいいからね。

日本語で言う
まさに、今にもというのが
このイディオムの特徴なんだ。


最後に


be about to doの意味は
「まさに~しようとしている」
という意味です。

すぐ先の未来のことについて
言いたいときに、この表現が使えます。

 
ちなみに
be not about to do
だと
「~するつもりは全くない」
という意味になり、
強い否定を表すんだ。


 
「まさに~しようとしない」
とはならないのね。

言ってみて
変な日本語に感じたけど・・・。


 
日本語でも変な感じがするのだから
英語でも
そういう意味にならないからね。

 
Sponsored Links
 
 
 

 

イディオム abc   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る