Sponsored Links
 
勉強法

月の英語のスペルの覚え方はこの方法で!

目安時間 3分
  • コピーしました

英単語のスペルは長いものから短いものまで様々です。
その中で月の英語のスペルは短いものもありますが、比較的長いものが多いです。

そこでどのようにして月の英語のスペルを覚えればいいのか紹介したいと思います。

 
Sponsored Links



 

まず月の英語は次の通りになります。

・January
・February
・March

・April
・May
・June

・July
・August
・September

・October
・November
・December

この中で覚えにくいのは、1月と2月、8月~12月あたりかなと思います。

基本的には繰り返し発音して、紙や指で書いたりするのですが、ただ闇雲にやるだけでは効率が良くないですよね。

そこで効率良く月の英語のスペルを覚えるコツは共通点の部分を覚えてしまうことです。

1月と2月のスペルで共通するところは後半の uary の部分です。
ここを覚えてしまえば1月、2月の残りの部分はそれぞれ Jan と Febr になります。

同じように9月~12月のスペルで共通するところは ber の部分になりますし、さらに10月を除けば共通する部分は mber になります。

共通点の部分を覚えてしまえば残りの部分のスペルはそれほど長くないので覚える負担は減ると思います。

それと august についてなのですが、これは他の月の英語のスペルと共通点はありませんし、 ougust と間違えてしまう人も多いかと思います。

この august は au と gust に分けてしまったほうがいいです。
特に au の部分を繰り返して練習すれば、o のスペルで書き始めるのを防げると思います。

他にも語呂合わせでスペルを覚えるというのもあるのですが、後々語呂合わせは単語が増えれば増えるほど手に負えなくなってくるので、あまりおすすめはしません。

けど、語呂合わせの中には面白い語呂合わせもあるので、少しくらいは活用しても悪くはないかもしれません。

Sponsored Links





  • コピーしました

   勉強法   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント