Sponsored Links
 
lmn

mentionの意味は?語法では注意点あり!

目安時間 6分
  • コピーしました

mentionの意味と語法を紹介します。

mentionの意味は難しくないのですが、
語法では注意する点があります。

 
意味は難しくないのに
注意点があるなんて、
すんなりと
覚えさせてくれないのね。


 
間違える人が多いからね。

そのまま素通りというわけにも
いかないからさ。

アイは間違えそうな気がするけど。


 
そんなの、まだわからないじゃない!
絶対に間違わないでやる!


 
Sponsored Links



 

mentionの意味~言及する~


mentionの意味は言及するです。

英英では

to say or write in a few words

になります。

手短に言う、書く
というニュアンスになります。

例文は

My teacher mentioned
the English test.
(先生は英語のテストについて言った。)

です。

 
「言及する」は日本語で
あまり言わないから
英英にあるsayやwriteの
ニュアンスを使って
「言う」とか「述べる」などを
言うことができるよ。


 
日本語訳をするときに
sayやwriteのニュアンスを
出せばいいのね。

ところで、例文のところでは
「~ついて」と訳しているのに、
どうしてaboutがないの?


 
あとで言おうと思っていたんだけど、
mentionは他動詞だからだよ。

よくある間違いで
mentionの後にaboutを
つけてしまう人が多いんだ。

日本語訳につられてaboutを
つけないように気をつけよう。


 
う~、私は知らずにmentionの後に
aboutをつけてしまう側だわ。


 
それとmentionは
英英にin a few wordsがあるから
「軽く触れる」とか
「簡単に言う、述べる」にも
なるからね。


 
「言及する」という意味を
紹介しているはずが
ここまでの説明になるなんて・・・。

mentionは、こんなにも厄介なの!


mentionの語法


mentionにはいくつか語法があります。

まず1つめは
  • mention doing
の形です。

これは~すると言う意味になります。

例文は

Her husband mentioned going shopping
at a supermarket.
(夫はスーパーマーケットに買い物に行く
と言っていた。)

です。

2つめは
  • mention that節/wh節
の形です。

意味は~だと言うになります。

例文は

She mentioned that
the highway was jammed.
(彼女は高速道路が
渋滞していると言った。)

です。

 
  • mention doing
の形は意外だったわ。


 
見落としそうな形ではあるからね。
sayと同じ感覚でいると間違えるよ。


最後に


mentionは「言及する」
という意味になります。

「言及する」という日本語訳が
合わないときは
英英にあるsayやwriteの
ニュアンスを含んだ
日本語訳にしましょう。

 
いろいろ説明しているけど、
英英の説明を
そのまま覚えてしまったほうが
早いかもね。


 
それを言ったら
このブログの必要はないでしょう。

英英辞典を渡して、
「それを読んで」
と言えばいいから。


 
アイにツッコまれるとは・・・。


 
いつも言われっぱなしだから
たまにはね。

Sponsored Links





  • コピーしました

   lmn   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント