Sponsored Links
 
abc

acceptの意味は?便利な表現もあるよ!

目安時間 6分
  • コピーしました

acceptは1つの意味を基準に
覚えていけば覚えやすい英単語です。

中には買い物のときに
使える便利な表現もあります。

そこで、今回はacceptの意味を
紹介します。

 
買い物で使える表現があるの!
私、買い物大好きだから興味ある~!


 
・・・買い物で使う表現以外も覚えてね。


 
Sponsored Links



 

acceptの意味~受け入れる~


acceptの意味は受け入れるです。

英英では

to take something willingly or reluctantly

快く受け入れる(受け取る)、あるいは、
仕方なく受け入れる(受け取る)
という意味になります。

acceptは
ただ受け入れるのではなく
快くというニュアンスが
含まれているのがポイントです。

基本的にacceptは
納得したり同意しての
受け入れるなのですが、

良くない事態や運命などでも
仕方なく受け入れるという意味でも
acceptが使えます。

例文は

I accepted other people's opinions.
(他人の意見を受け入れた。)

です。

 
辞典によっては
「快く受け入れる(受け取る)」と
「仕方なく受け入れる(受け取る)」を
別々に紹介しているけど

どちらも「受け入れる(受け取る)」だから
まとめて覚えたほうが効率的だよ。


 
こういう効率的なことは大好きだわ!


acceptの意味~認める~


acceptには認めるという意味もあります。

英英では

to agree to take something

です。

何かを受け入れる(受け取る)ことに
同意する
というニュアンスになります。

日本語では何のことか
よくわからないところがありますが
agreeとtakeのニュアンスが入っていると
覚えてしまったほうがいいです。


例文は

He accepted defeat in the race.
(彼はレースでの負けを認めた。)

となります。

それと次の例文にあるような形で
acceptが使えます。

 This shop doesn't accept
credit cards.
(このお店ではクレジットカードが使えない。)

受け入れることを同意する→使える
という意味へと派生しています。
(例文の場合は
受け入れることを同意しない→使えない)

takeのニュアンスが強く反映しているので、
例文にあるacceptが成り立ちます。

 
うーん、使えるという意味になるとは
思わなかったわ。

ちょっと強引な感じがする~


 
確かに日本語で説明すると
強引になってしまうところがあるね。

日本語にはない部分なので
英英のまま覚えてしまったほうが
手っ取り早いことがあるよ。


 
英英で意味をチェックするのも
大事なんだね。


最後に


acceptの意味は
「受け入れる」「認める」
という意味になります。

acceptは「受け入れる」という意味を
基準に覚えていけば
他の意味を覚えるのに対応できます。

 
「彼はレースの負けを認めた」いうところで
「認めた」を「受け入れた」に変えても
それほど意味が変わらないからね。


 
「受け入れる」という意味を覚えるだけで
いっぱいいっぱいだわ。

そんなことよりも、買い物のときに
クレジットカードacceptかどうか
聞いてみるね。


 
買い物のことは頭の中にあるのね・・・

Sponsored Links





  • コピーしました

   abc   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント