Sponsored Links
 
opqr

persuadeの意味は?語法がいくつかある!

目安時間 11分
  • コピーしました

persuadeの意味を紹介します。

persuadeの意味は、
それほど多くないのですが、
語法がいくつかあります。

persuadeって何か
覚えづらい感じがする~。



えっ、何でそう思うの?



だってperにsuadeでしょう。
perはすぐに覚えれそうだけど、
suadeって何?という感じだもん。



suadeは語源なんだけどね。
語源に興味がないと、そうなるかも。



 
Sponsored Links



 

persuadeの意味~説得する~


persuadeの意味は説得するです。

英英では

to make someone do something
by giving them good reasons

になります。

正当な理由を説明することによって
誰かに何かをさせる

というニュアンスになります。

例文は

She persuaded her daughter
to study everyday.
(彼女は娘を説得して毎日勉強させた。)

です。

「説得する」という意味ね。

パパを説得するときは
大変だったなあ~。



何を説得したの?



「1人暮らしをさせて」って説得したの。

I persuaded my father
to let me live alone.

だよ。



そうなんだ。
けど、今は1人暮らしではないよね。



だって、お家が大きすぎて
1人で管理するのが大変なんだもん!



(最初から1人で管理できる家に
住めばいいのに・・・。)



persuadeの意味~信じさせる~


persuadeには信じさせる
という意味もあります。

英英では

to make someone believe something

です。

誰かに何かを信じさせる
というニュアンスになります。

例文は

A salesperson persuaded a woman
that this diamond was valuable.
(販売員は女性にこのダイアモンドは
価値が高いと信じさせた。)

です。

例文は何だか悪徳商法の臭いがするわ。



単なる例文だからね。



けど、信じこませるって
あまり良い感じはしないわね。



persuadeの語法


persuadeにはいくつか語法があり
主なパターンは以下の通りです。

  • persuade A to do
  • persuade A into (doing) B
  • persuade A that節
  • persuade A of B
*Aは人です。

persuade A to do


Aを説得して~させる
という意味です。

~しないように説得するだと
  • persuade A not to do
の形になります。

persuade A into (doing) B


Aを説得してBをさせる
という意味です。

Aを説得してBをやめさせるは
  • persuade A out of (doing) B
です。

persuade A that節


Aにthat節を信じさせる
という意味です。

ここで注意するところは
persuadeの後には人が入る
ということです。

persuade that節には
ならないので気をつけましょう。

persuade A of B


AにBを信じさせる
という意味です。

英文によってはof Bのところを
that節に書き換えることが可能です。

語法問題でよく見かけるのは

  • persuade A to do
  • の形だね。

    persuadeの語法は
    これを覚えたほうがいいかな。



    まずはそれだけを覚えるよ。
    というよりも、4つも覚えれないわ!



    最後に


    persuadeは
    「説得する」「信じこませる」
    という意味があります。

    persuadeは「説得する」
    という意味で使われていることが
    多いので、まずはこの意味を
    覚えておきましょう。

    「説得する」と

    • persuade A to do
    さえ覚えれば
    取りあえずは大丈夫じゃないの?



    まあ、そうだけどね。



    こんな長々と説明しちゃってさ~。
    私のほうが説明が上手いんじゃないの?



    ほら、まあ一応、
    いろいろとパターンを
    紹介しておかないとね。



    ふ~ん、まあ、
    勉強になるからいいけどね。

    Sponsored Links





    • コピーしました

       opqr   0

    この記事に関連する記事一覧

    コメントフォーム

    名前 (空白でもOKです)

    メールアドレス (空白でもOKです)

    URL (空白でもOKです)

    コメント

    トラックバックURL: 
    プロフィール

    名前:ユー

    英語がダメダメだった学生時代。
    特に話すときはカタコトで
    何を言っているのか
    わからないレベル。

    それでもなぜか
    日本はグローバル化が進むから
    英語が使えないと将来困ると
    勝手に思い込む。

    そんな状態から
    英語の勉強を始めて
    話せるようになり、
    今では英語初心者には
    教えられるレベルに。

    現在も英語力を維持するために
    英語の勉強を継続中。

    名前:アイ

    小学校で英語の授業が
    始まってからすぐに挫折。

    アルファベットの文字も
    見たくないほどの英語嫌い。

    その嫌いさゆえに
    英語が念仏のように
    聞こえていた。

    英語嫌いは
    大人になるまで続く。

    しかし、
    とある理由で一念発起し
    英語の勉強を始める。

    その理由とは一体・・・。

    名前:ゼイ

    英語は好きでも嫌いでもない。

    英語を知っているようで
    知らないような
    英語を話せるようで
    話せないようなレベル。

    全てが中途半端。
    登場回数は極めて少ないかも。

    検索
    カテゴリー
    ランキング

    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

    最近のコメント