There's a catch 意味

お役立ち英語情報

英語の勉強法や英単語の意味など英語初心者にわかりやすく紹介します

 
Sponsored Links
 

There’s a catchの意味は?catchが名詞形だとどうなる?

読了までの目安時間:約 4分

「There's a catch?
catchは動詞ではないの?」

There's a catchの英文を見て、
みなさんどう思いましたか?

catchの意味が何なのか
迷いそうですよね。

catchは動詞で
使うことが多いですが、
名詞の形で使うことがあります。

そこで、今回は
There's a catchの
意味を紹介します。

 
この英文はcatchの意味が
何なのかというのがポイントよね。

あとあるのは
There is構文だけだし。


 
catchの意味さえわかれば、
このイディオムの紹介は終わりだよ。

ここでのcatchの意味は何だと思う?


 
うーん、動詞のcatchだと
「つかむ」「捕える」だし、
catch a coldで
「風邪を引く」
というのがあるよね。

けど、どれも名詞形にしても
変な意味にしかならないし・・・。


 
Sponsored Links
 

裏(魂胆)がある


There's a catchの意味は
裏(魂胆)があるです。

ここでのcatchは
人をひっかけるもの、罠、策略
という意味で使われていて、
There is構文は「~がある」なので、
そこから裏(魂胆)があるとなります。

 
名詞のcatchには
そんな意味があったのね。

ちょっと怖いわ~。


 
catchは「つかまえる」
という意味があるのは
知っているよね。

このcatchの「つかまえる」
というのが広い意味で使われていて、
その1つが
「罠にはめてつかまえる」
というものなんだ。


 
「つかまえる」が
そこまでの意味へと発展するのね。


最後に


There's a catchは
「裏(魂胆)がある」
という意味があります。

うまい話だったり、
状況が良過ぎたりする場合で
何か疑いたくなったときに、
この表現が使えます。

 
「裏(魂胆)がある」
以外の日本語訳は
「訳ありだ」
という言い方もあるよ。

あと、
There must(has to) be a catch
にして
「裏(魂胆)があるに違いない」
というふうにすることもできるからね。


 
今の時代は怪しいものが
たくさんあるからね。

このイディオムを使う機会が
たくさんありそう。

このブログも
There must be a catch.
だわ。


 
えっー、何でそうなるの!

 
Sponsored Links
 
 
 

 

イディオム abc   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る