throw caution to the winds 意味

お役立ち英語情報

英語の勉強法や英単語の意味など英語初心者にわかりやすく紹介します

 
Sponsored Links
 

throw caution to the windsの意味は?

読了までの目安時間:約 4分

「throw caution to the windsは
cautionをto the windsに
throwするだから・・・。」

throw caution to the windsは、
どういう意味になるのか
わかりますか?

直訳してみると、
何だか変な日本語訳になりますよね。

そういう場合は、
発想を変える必要があります。

そこで、今回は
throw caution to the windsの
意味を紹介します。

 
throw caution
だけでも変な感じなのに
to the winds
もあると、さらにわからなくなるよ。

これ、本当に正しいの?


 
ちゃんとしたイディオムだよ。

直訳からどう意味が
発展していくのかを
考えないといけないけどね。


 
それが一番難しんだよ~!


 
Sponsored Links
 

思い切ったことをする


throw caution to the windsの意味は
思い切ったことをするです。

ここでのthrowは投げる、
cautionは慎重さ
という意味で使われ
直訳すると
「慎重さを風に投げる」
となります。

少し意訳すると
慎重さを風にでも流されて
投げ捨ててしまえ
という感じになり、
慎重さがなくなります。

そうなると
大胆なことをしますよね。

そこから
「思い切ったことをする」
という意味へとなります。

 
throwは「投げる」だから
あまり良い意味ではないと
思っていたけど、
そうでもなかったわ。


 
良い意味か悪い意味かは
状況にもよるよ。

大胆なことをする場合は
軽率になることもあるし。


 
慎重になり過ぎても
ダメなときもあるわよね。


最後に


throw caution to the windsは
「思い切ったことをする」
という意味があります。

慎重にならずに大胆なことを
するというときに、
この表現が使えます。

 
「思い切ったことをする」
以外の日本語訳は
「大胆な行動をする」
「ためらいを捨てる」
「警戒心を捨てる」
という言い方もあるよ。

あと、windsは単数のwindでも
問題ないからね。


 
ニュアンスを考えると
いろんな日本語訳が
ありそうだよね。

私は、どちらかというと
大胆な行動が多いから、
こういう表現は私にピッタリだわ~。


 
そもそも慎重な行動をするアイを
見たことがないけど。


 
ちょっと、それ、どういう意味よ!

 
Sponsored Links
 

 

イディオム abc   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る