the damage is done 意味

お役立ち英語情報

英語の勉強法や英単語の意味など英語初心者にわかりやすく紹介します

 
Sponsored Links
 

The damage is doneの意味は?損害がなされた?

読了までの目安時間:約 4分

「The damage is doneの意味?
日本語訳すると変なんだけど・・・。」

The damage is doneは
どういう意味だと思いますか?

直訳すると不自然な感じがして
英文が間違っているのでは
と思ってしまうかもしれませんが、
この形でイディオムになっています。

そこで、今回は
The damage is doneの意味を
紹介します。

 
The damage is doneを直訳すると
「損害がなされた」
ってなるよね。

けど、これって意味不明~。


 
もう少し直訳を
考える必要があるけど、
感覚がつかみづらい
イディオムかもしれないね。


 
難しそうな感じがするわね・・・。


 
Sponsored Links
 


もう起きてしまったことだ


The damage is doneの意味は
もう起きてしまったことだです。

damageは「損害、被害」
doは「起こる、生じる」
という意味で使われています。

それを当てはめて直訳すると
「損害が生じた」
となり
「損害が生じた」ということは
すでに起きてしまったこと
でもあるので、そこから
「もう起きてしまったことだ」
という意味になるのです。

さらに
「損害が生じた」を意訳すると
もうどうしようもない
もう取り返しがつかない
という意味にもなりますし、
状況からも
後の祭りだ
という慣用句にもなります。

 
doの意味をもう少し
考えなければならなかったのね。

それにしても、日本語訳多くない?


 
基本的には
「もう起きてしまったことだ」
を覚えておけば大丈夫だよ。

どの日本語訳になるかは
文章の前後にもよるからね。


 
どれを使っても同じ意味だよね。

私は「後の祭りだ」
という日本語訳が好きだわ。


最後に


The damage is doneは
「もう起きてしまったことだ」
「もうどうしようもない」
「もう取り返しがつかない」
「後の祭りだ」
という意味になります。

基本的な日本語訳は
「もう起きてしまったことだ」
になりますし、
文法と単語から意味を考えるときは
doがポイントになります。

 
少し付け加えると
The damage is doneは
良いことではなく
悪いことが起きてしまった
というニュアンスがあるからね。

damageを使って表現しているから
良いことではないと
すぐわかると思うけど。


 
日本語訳を見ても
良くないことと言うのがわかるよ。

damageを良いように
解釈する人なんていないわよ!


 
それならいいけどね・・・。

 
Sponsored Links
 

 

イディオム def   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る