Sponsored Links
 
英語表現

leave nothing behindの意味は?後に何も残さない?

目安時間 2分
  • コピーしました

「leave nothing behind」にある
単語を1つ1つ考えると
「leave」は「残す」
「nothing」は「何も~ない」
「behind」は「後に、後ろ」
となり、それらを合わせると
後に何も残さない
という意味になります。

この意味でも使うことがありますし、
どういうことなのかわかります。

ただ、
「leave nothing behind」は
とある状況だと、
もっと適切な日本語訳があります。

それは、電車やバスなどの
公共交通機関を使っているときと
レストランなどのお店にいるときです。

特に電車やバスは降りるときに、
お店から出るときに、
「Be sure to」や「Please」と一緒に
この表現が使われています。

では、
どういう日本語訳になるかというと、
後に何も残さないということは、
物をそのまま置いておくな
ということです。

物というのは、自分の持ち物
ということですし、
それを置いておかずに
持って帰りなさい
ということになります。

要するに
忘れ物がないように
ということです。

「leave nothing behind」は
「後に何も残さない」
「忘れ物がないように」
という意味あります。

Sponsored Links





  • コピーしました

   英語表現   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント