Sponsored Links
 
英語表現

wear the pantsの意味は?ズボンを穿く?

目安時間 2分
  • コピーしました

「wear the pants」の意味を
普通に考えると
「ズボンを穿く」
になりますよね。

「the」は特定のものを
示しているので、
どのズボンなのかが
わかっていての「the」になります。

今でこそズボンを穿くのは、
普通のことではあるのですが、
昔はそうではなかったので、
「wear the pants」
は別の意味があります。

普通ではなかったというのは
ズボンを穿くのは
男性だけのものだったからです。

昔は女性が穿くものは
スカートが普通だったからです。

その男性のものを
女性が履くということは
男勝りという感じがあります。

男勝りは主導権を握るという
ところでもあるので、そこから
「wear the pants」は
家事の主導権を握る
カカア天下である
夫を尻に敷く
という意味になります。

日本語訳を見ると
どのようにして英文にするのか
わかりにくいところがありますが、
例えば

  • My wife wears the pants
だと
主導権を握っているのは
「my wife」です。

つまり
「wear the pants」の表現で
主導権を握っているのは
主語の部分に当たります。

日本語訳にすると
「私の家事の主導権を握っています」
「私の家はカカア天下です」
「私は妻の尻に敷かれています」
です。

どれも同じ意味なので
状況に合った日本語訳を選んでください。

Sponsored Links





  • コピーしました

   英語表現   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント