Sponsored Links
 
abc

claimの意味は?日本語のクレームとは違う!

目安時間 6分
  • コピーしました

「claimの意味だって?
あのクレームでしょう。」

claimを日本語のクレームだと
思っている人、違いますよ。

英単語のclaimは
日本語のクレームと異なります。

そこで、今回はclaimの意味を
紹介していきます。

 
え~、そうなの!
よく聞くクレームだと思っていた。


 
クレームは和製英語だからね。
勘違いするのも無理ないよ。

僕も最初はそう思っていたし。


 
な~んだ、ユーもそう思っていたんだ。
私だけじゃなくてよかった!


 
Sponsored Links



 

claimの意味~主張する~


claimは主張するという意味です。

英英では

to say something forcefully

になります。

何かを強く言う
というニュアンスです。

claimには
言っている内容が本当かどうか
証明されていなく、事実でない
可能性もあります。

例文は

Her son claimed that
he didn't eat a snack.
(彼女の息子はお菓子を
食べていないと主張した。)

です。

 
例文の内容からだと
彼女の息子はお菓子を
食べた可能性があるってことだよね?


 
そうだよ。

あくまでも彼の息子が
そう言っているだけだからね。

この時点では
お菓子を食べたかどうか
まだはっきりとしていないんだ。


 
claimの英単語を見たときは
そこまで考えないとダメなのね。


claimの意味~要求する~


claimには要求する
という意味もあります。

英英では

to demand something
as one's right

となります。

権利として要求する
というニュアンスになります。

demandとの違いは
claimには権利があるという点です。


例文は

He claimed time off because
he worked weeks in a row
(彼は数週間連続で働いたから
休みを要求した。)

になります。

 
ここでのclaimは
権利としてということだよね。


 
例文を見れば
それなりの理由があるでしょう。


 
いきなりclaimはできないわね。


claimの意味~命を奪う~


claimには他にも命を奪う
という意味もあります。

英英では

to take someone's life

です。

誰かの命を奪うという
ニュアンスになります。

例文は

The drunk driving accident claimed
four lives
(飲酒運転の事故が4人の命を奪った)

です。

 
これまでのclaimとは
かなり違う雰囲気の意味になるね。


 
この「命を奪う」という意味は
新聞やニュースで使われることが
多いんだ。


 
新聞やニュースは見ないからね。
面白くないから。


 
見ないなら
見かけることもないかも・・・。


最後に


claimには
「主張する」「要求する」「命を奪う」
という意味があります。

claimはただ単に
「主張する」や「要求する」
わけではないので
きちんとニュアンスを
理解しておきましょう。

 
このclaimの意味は
一癖も二癖もあるよね。


 
日本語訳が「主張する」や「要求する」
だからといって、
そのまま使うわけにはいかないからね。

ちゃんとニュアンスを
把握しておかないとね。


 
そこが難しいのよ。

使いこなすには、
まだまだ勉強が必要だわ。

Sponsored Links





  • コピーしました

   abc   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前:ユー

英語がダメダメだった学生時代。
特に話すときはカタコトで
何を言っているのか
わからないレベル。

それでもなぜか
日本はグローバル化が進むから
英語が使えないと将来困ると
勝手に思い込む。

そんな状態から
英語の勉強を始めて
話せるようになり、
今では英語初心者には
教えられるレベルに。

現在も英語力を維持するために
英語の勉強を継続中。

名前:アイ

小学校で英語の授業が
始まってからすぐに挫折。

アルファベットの文字も
見たくないほどの英語嫌い。

その嫌いさゆえに
英語が念仏のように
聞こえていた。

英語嫌いは
大人になるまで続く。

しかし、
とある理由で一念発起し
英語の勉強を始める。

その理由とは一体・・・。

名前:ゼイ

英語は好きでも嫌いでもない。

英語を知っているようで
知らないような
英語を話せるようで
話せないようなレベル。

全てが中途半端。
登場回数は極めて少ないかも。

検索
カテゴリー
ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

最近のコメント